雑記

夜中に目が覚めると得した気分になる

今回のお題はこちら!

「夜中に目が覚めると得した気分になる」

二度寝の誘惑ってとんでもない破壊力ですよね。毎朝、誘惑と格闘している人や、最初から起きる気がさらさらなく、堂々と二度寝をする強者もいると思います。

そんな二度寝スキーなあなた、夜中に一度目が覚めると、得した気分になりませんか?

例えば、毎晩12時に寝て、毎朝7時に起きるとします。寝て目が覚めたら7時です。絶望しかありません。6時58分だったら泣きたくなります。

今度は、夜中の4時に一度目が覚めたとします。おめでとうございます。まだ3時間も眠ることができますね。二度寝の旅を心ゆくまでご堪能下さい。

どうですか?あまりの嬉しさに思わずニヤけませんか?

実際僕は、ベッドの中で、少しニヤけています。

おかげで、朝の目覚めが快適になりました。これをためしてみた方で、

おかげで彼女ができました!

身長が3センチ伸びました!

国籍がバングラディッシュになりました!

など、喜びの声がありましたら、僕のSNSにかいてもらえると嬉しいです。

しかし、これには重大な欠点があります。

完全な運任せになってしまうことです。

「夜中に目覚ましかければいいじゃん」と思う方もいるかと思います。ナンセンスです。自然と目覚めてこその喜びだと認識してください。夜中に目覚ましがなったと想像してみて下さい。普通にムカついて終わります。

正々堂々と、かつ罪悪感もなく合法的に、二度寝の喜びを味わいたい!という方、途中で目が覚める様、祈りながら眠ってみてはいかがでしょうか?

話は変わりますが、今勉強している中の一つに英語があります。具体的に学んだ事は、後々「勉強」のカテゴリーで取り上げていきます。

ただ寝ているのももったいないので、睡眠学習をしよう。と思い、少し調べてみました。昔流行っていた時がありましたが、科学が進んだ現在、本当に睡眠学習は効果的なのか気になりました。効果がないのならやる意味はないですからね。

結果は「効果がある」だそうです。ただし、「寝る前に覚えたものを、記憶として定着させる」、つまり復習をするのには効果的みたいです。眠りながら、「新しいことを覚える」ことはないそうです。

なので、聞いたこともない、見たこともない、食べたこともない英文を、だらだら垂れ流しても、効果的ではないみたいです。騒音で、寝不足&ノイローゼになるのがオチでしょう。

効果的な睡眠学習のやり方は、

寝る前に覚えたい事をやる。英語なら、覚えたい英文・単語を勉強する。

寝始めて90分を目安に、イヤホンなどで垂れ流す。

です。寝始めの90分が記憶として定着しやすいので、それ以上は効果的と言えないみたいです。

さぁ、これで明日からあなたもネイティブアメリカン!

Thank you for reading this to the end!

・・・こ・コピペなんかしてないんだからねっ!?