雑記

500円貯金はもうしない!

今回のお題はこちら!

「500円貯金はもうしない!」

給料はだいたい残らないような生活をしていた僕ですが、一人暮らしをするようになり、なにか覚醒したのでしょうか、貯金をするようになりました。

一定額は自分の口座に、それプラス500円貯金も始めました。

始めてみるとなかなか楽しいものですね。最初は意地でも500円玉がおつりでくるように買い物をし、財布に500円玉が4・5枚入っていたら、ニヤニヤしながら貯金箱に入れたものです。

500円貯金をしている方なら、この気持ちはわかると思います。

一年で10万円たまり、二年目になると20万以上になっていました。

目標は100万円!夢が膨らみウキウキです。

ある日、とある事情で20万円の出費がでてしまいました。

口座から支払いをしたため、預金はマイナス20万になります。

僕の場合、500円貯金はオマケで、毎月自分の口座には、一定額の貯金は必ずすると決めていたので、急な出費とはいえ、マイナス20万円は気に入りませんでした。

なにかで補填しようと思い、「そうだ、500円貯金でたまった20万円を、口座に入れよう」と考え・・・たのはいいですが、500円玉が20万円分ともなると結構な量です。

枚数にすると400枚です。なかなか想像しにくいかと思うので、500ml一杯分と同じくらいの量だと言えば、わかりやすいと思います。

なによりネックなのが重さです。試しに500円硬貨の重さを調べてみたのですが、一個7gだそうです。400枚なので、2.8kgとなります。

数字だけみると全然軽いのですが、実際持ってみると数字以上に重いです。女の人が持って歩くにはキツいんじゃないか?と思ったほどです。

入金は、ATMでもできるのは知っていましたが、枚数が枚数なため、ATMを故障でもさせたら大迷惑になると思い、窓口のほうがスムーズに行けるだろうと考え、小さいバッグに400枚をつめて銀行へ行きました。

いざ受付に行き、入金の手続きをしようとしたら、「硬貨はATMでお願いします。」との事。「400枚あるんですが大丈夫ですか?」と聞くと、「時間はかかりますが、100枚まで一度に入れられるので大丈夫ですよ」と言われました。

ここから先、小さい箱と、なんでもいいので硬貨100枚準備できる方、シミュレートしてみて下さい。

ちなみに、ATMでの硬貨の取引は今回が初めてでした。それでは続きを・・・

言われるままATMへ行き、ばらばらと100枚を投入。

・・・エラーです。硬貨をお取りください。

/(^o^)\ナンテコッタイ・・・

一度100枚をとりだします。きれいに入れれば大丈夫かな?と思い、100枚いっきには持てなかったので、30枚ほどを重ねて持って硬貨入れに投入。

残りを入れようとした時、ふたが閉まり、計測中・・・じゃらじゃらじゃら・・・(3分ほど)

「1万7千5百円です。入金しますか?」

なんか納得いかない・・・。なんかムカツク・・・。てか金額中途半端すぎ。ふた閉まるの早すぎ、今度は素早くやろう。と思い、いいえ。

硬貨を返却します・・・。じゃらじゃらじゃら・・・(5分ほど)

心が折れかけてきました。

今度は、二発目をスタンバった状態にし、閉まったら中途半端でも入金する作戦でいきました。

左手には30枚の固まりが二つ、右手で機械を操作し、ふたがあいたらRound1 fight!

右手で30枚の固まりを取り、投入口へ投下。その間、左手でふたをガードする徹底ぶり。

もう一つの30枚を入れたところで、ふたが閉まり、Round1が終了。計測・・・じゃらじゃらじゃら・・・(3分ほど)

入金しまs・・・はい。

top画面に戻ります。しばらくおまちください・・・(5分ほど)

top画面→入金→投入→入金s・・・はい→topに戻ります×5

終わるまでに1時間以上かかりました。幸いなことに、故障がなかったのと、すいていたため、他のお客さんを待たせずにすみました。

ここまで労力を使うとは思いもしませんでした。これなら、毎月の口座への貯金を1万円増やしたほうが、はるかに効率がいいと思い、以来、500円貯金は封印となりました。

どうでしたか?僕のやり方が悪かっただけかもしれませんが、結構時間や体力を使います。

それなら、大きい金額での貯金のほうが、かさばらないし、入金も楽に済みます。

他に時間が自由で入金できる人がいるなら、硬貨での貯金はいいと思います。こまめに入金すればいいだけですので。ですが、

単身者で日曜祝日にしか休めない人は、おすすめできません。銀行に行ける時が限られるため、こまめな入金が難しいからです。

それでも500円貯金がしたい!という方、精神力が鍛えられるので頑張ってください(笑)

貯金が苦手・・・という方に、貯金箱の中身は見えたほうがモチベーションが上がると思います。最初はどうしても少ないため、やる気がいまいち起きないですが、増えれば増えるほど、楽しくなっていくので、ぜひやってみて下さい!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!