ゲーム

海外のソフトメーカー

今回のお題はこちら!

「海外のソフトメーカー」

僕の個人的な意見になってしまうのですが、海外のゲームって独特な雰囲気があります。

言葉で表すのが難しいのですが、荒廃感と現実感とヌルヌル感を円周率で割った感じです。

自分でも何言ってるのかわかりません。

日本のゲームは見る・聞くで楽しむアニメ調、海外のゲームは雰囲気を楽しむ映画調。といった方がわかりやすいですね。

昔はその独特な雰囲気が苦手でした。海外のヒーローもののアニメを見ても、男女関係なくマッシブです。ビスケット・オリバがその中に入っていてもなんら違和感がないほどです。

日本のゲームでも、ホストが世界を救うというのも十分違和感がありますが(笑)

スーパーファミコンで出た海外メーカーのゲームって、無駄にヌルヌル動いていた記憶があります。当時はそれを見て「ゲームもリアルに動くようになったんだ」と感動したものです。

やはりリアリティが海外では好まれるからでしょうか?

先日、メトロイドヴァニア系のゲームにハマり、「Dead Cells」と「ソルトアンドサンクチュアリ」というゲームをダウンロードしました。

ちなみに、ダウンロード専用ソフトです。

どちらもドット絵調(?)なのですが、やはりヌルヌルです。

そしてよくヤられます(笑)

これがもう一つの特徴です。難易度が異様に高い。

完全にこちらを倒しにきています。むしろ倒される前提のバランスです。

ゲームによっては、「海外用に設定してあるので、標準の難易度を選択したい場合は、ノーマルではなくイージーを選択してください。」とある始末です。

外人どんだけゲームやりこんでんの?

最近のゲームでよく見られるようになった「オープンワールド」も海外ならではですね。

「グランドセフトオート」や「スパイダーマン」などがそうです。

さすがアメリカ。自由を愛する国なだけあります。まさがゲームまで自由だとは意表を突かれました。

日本のゲームと比べると、ストーリーは薄いのですが、ゲーム全体の作りこみはすごいです。何でもできます。

何でもできるという事は、「何でもできる」ようなシステムやプログラムを作り上げている、という事です。

そう考えると、まだまだ海外の技術には敵わないのですね。

そういったゲームが好まれるということは、海外のゲームプレイヤーは自分で考えてゲームをプレイできる独自性が備わっているのだと思います。

ただストーリーを追っかけている僕とは大違いです。見習いたいものですね。

これを機に、少しはオープンワールドのゲームにも手をだしてみたいと思います。

何秒で飽きるんだろ・・・(笑)

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

ちなみに、マインクラフトの何が面白いのかまったく理解できません。