雑記

お気に入りの出前 その1

今回のお題はこちら!

「お気に入りの出前 その1」

出前マイスター(ドイツで金賞)である僕がオススメしたい出前を紹介します。

なお、チェーン店ならまだしも、その地域にしかないお店もあるので、その場合は商品名のみ紹介します。同じ商品を取り扱っているお店を探してみて下さい。

それでは・・・

チキンティッカ

チェーン店では探せないので、お住いのお店で取り扱っているか探してみて下さい。

インドやネパールの料理を出しているお店で取り扱っています。カレー屋さんですね。

最近はアジア料理をデリバリーしてくれるお店が増えているので、見つけやすいと思います。

こちらの商品ですが、タンドリーチキンと言われればピンとくる方もいると思います。

鶏のもも肉をスパイスとヨーグルトで漬け込み、串にさして「タンドール」と呼ばれる窯で焼いたものです。

骨付き肉がタンドリーチキン、骨なし肉がチキンティッカになります。

僕は断然チキンティッカをオススメします。

骨がないので食べやすいのと、大きさがちょうどいいのでサイドメニューとしてもピッタリです。

初めて食べた時の衝撃は凄まじいものでした。知り合いにカレー屋さんに連れて行ってもらったのですが、レトルトや定食屋のカレーしか食べたことがなかったので、本場のカレーを食べた瞬間にハマりました。

その中で何気なしにあった鶏肉。チキンティッカとの出会いです。すべてが僕のストライクゾーンでした。自分で作ってみたりもしたのですが、やはりプロにはかないません。

関東に出てきて、また食べる事ができて幸せです。しかも家で!

僕はこれをメインで食べるほど大好物です。チキンティッカとサラダがあれば事足ります。

もちろんお店のメインであるカレーもとてもおいしいです。

という事で、次はカレーのオススメを紹介したいと思います。

マトンカレーとナン

マトンといえば羊肉ですね。独特な匂いが苦手だという人もいると思います。

そんなあなた!ご安心ください。スパイスが匂いを消してくれています。そして、ヨーグルトで漬け込んでいるのか非常に柔らかいです。

さすがはシェフ。料理漫画バリに絶対嗅覚を駆使してスパイスを使い分けているのでしょう。

カレーにはやはりナンです。初めて頼む方はビックリするくらいの大きさですが、意外とペロリと食べられます。

家庭で食べるカレーや定食屋で食べるカレーとは全然ちがいます。やはり本場はすごいですね。

一度やってみたいのが、カレーとライスを手で食べてみたいです。郷に入っては郷に従え、ではありませんが本場の雰囲気を味わうだけでも味の感じ方が違うかもしれません。

出前を頼んで家で実践すれば、食後の後処理も楽ですからね。

今回は、アジア料理店ならどちらも取り扱ってるメニューを紹介しました。

お店によってスパイスの使い方が違います。ある店では辛く感じたり、香辛料の匂いが違うといった感じですね。

自分の好みのお店を見つけるのも楽しみの一つだと思います。単純においしいので、怖がらずにいろいろなお店をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後に、注意点を伝えるのを忘れていたので付け加えます。

海外料理店なので、出前の配達員で日本語が話せない人が来ることがあります。その場合、1万円か5千円の支払いしか出来ない(その分のおつりしか渡されていないみたいです)ので、キレずに丁寧に対応してあげて下さい(笑)

こういった怪しいやり取りも醍醐味の一つですよ(笑)

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!