勉強

【奥様必見!】排水管のつまり

今回のお題はこちら!

「排水管のつまり」

日常生活で意外と多い排水管のつまり、我が家では詰まった事ないよ。と仰る方もいると思います。設備屋で働いていた時は結構な頻度でお客さんからの問い合わせがあったので、世の中でみると排水管のつまりはあるものなのです。

今回は、排水管が詰まるであろう原因を書いていきたいと思います。

奥様必見!あなたのご家庭は大丈夫ですか?それでは・・・

油を流して捨てている

これは今すぐにでもやめた方がいいです。油は少しづつ固まっていき、最終的には排水管を塞いでしまいます。こうなってしまったら個人ではどうしようもありません。業者さんを呼ぶしかないです。

しかも、油は高圧洗浄でも簡単にはとれませんし、完全に除去できません。配管の中の油かすに別のものが引っ掛かり詰まる、といった事もありえます。

配管の洗浄中は水を使うことが出来ませんのであしからず。

僕が体験したものだと、水産加工会社での排水管の詰まりがありました。

加工している魚の脂をそのまま流していたのです。放流先は海でした。その周辺は脂まみれで景観は最悪です。

高圧洗浄+お湯のWアタックをしかけたのですが、丸一日かかりました。貫通はしましたが、完全に除去はできません。しかも、作業着についた脂の匂いもとれないし、機械も汚れがひどく後始末が大変でした。正直やりたくない仕事ですね。

他の理由として、油は汚水処理施設では処理できないものです。浄化槽などから汚泥と一緒に油を抜き取って処理施設に運んでいる業者さんも困っているので、燃えるゴミとしてキチンと処理しましょう。

物を誤って流してしまう

急に排水の流れが悪くなった。という問い合わせがありました。

調べてみた結果、洗面台のトラップに毛抜きがあり、それにゴミや髪の毛が引っ掛かっていたのです。

同じような例で、トイレが詰まったとの連絡があり、調べてみたら外と中の配管が交わるところのトラップにボールペンが引っ掛かっていて、それに他のゴミがからまり詰まった事がありました。

洗面台など、誤って物を落としてそのまま流してしまうことはよくあります。僕もあります。けっこうショックですよね(笑)

そんな時は放置せず、あわてないでトラップを外してみましょう。物が残っているはずです。

トラップって何?という方。台所のシンクの下や洗面台の下に、縦でS字を描いたような配管はありませんか?それがトラップです。

中にはS字配管じゃなくて、ごっつい筒がある所もあると思います。

これは、排水管からの匂いの逆流を防ぐため、水のたまる場所を作っているのです。水で匂いをガードしているんですね。

物を落として放置していると、それにゴミが絡まってしまうので、すぐに取ってしまうのがいいです。不安なら、お父さんに手伝ってもらうのもいいでしょう。

通気口を考慮する

配管の問題で排水の流れが悪くなる事例もあります。水を流すと配管内の圧のせいで流れが悪くなるといった現象です。

こういった場合には、通気口を付けてもらうのも一つの手だと思います。配管内の圧を逃がすためですね。

インバート枡に通気口がついてある物もあるので、取り付けは簡単です。

インバート枡とは、家の周りに白い丸い蓋が等間隔で付いてると思います。蓋に「汚水」と書いてあればそれがインバート枡です。配管の点検口なので怖がらなくて大丈夫です(笑)

どうしても、という場合にはお父さんにマイナスドライバーを渡すと交換してくれます。

流れが悪いからと言って自分で判断せず、交換する前に業者さんに相談するのがいいと思います。それで改善の余地が見られそうならホームセンターなどで蓋を買って交換するのが安くすむと思います。

間違っても汚水桝に穴はあけないでください。雨水が入りますからね。生活排水と雨水は一緒には処理できないので覚えておくと知人に自慢できます(笑)

よくある排水管の詰まりの原因を紹介しました。

ここでお役立ち情報を一つ!

トイレが詰まった時のために、シュポシュポを持っていた方がいいです。ものの数秒で解決します。業者に頼むと数秒で終わっても数千円は取られます。

シュポシュポの使い方は、押すときに力を入れるのではなく、引くときに勢いをつけて下さい。詰まったごみを引き上げるイメージです。これでつまりは解消しやすくなります。

今回は奥様のための記事になってしまいました。たまにはこういうのもいいですね。

頼まれたお父さんは頑張って下さい。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!