雑記

さけるチーズ

今回のお題はこちら!

「さけるチーズ」

チーズはおいしいですね。グラタンの様に焼いて食べてもおいしいですし、サラダにそのままかけて食べてもおいしいです。おつまみとしても優秀ですね。

さて、今回は数あるチーズの中から、僕の大好物である「さけるチーズ」について書いていきたいと思います。

さけるチーズとは?

こちらですね。いろいろなメーカーが出していますが、雪印メグミルクさんの「さけるチーズ」がオススメです。

プレーンが最近のお気に入りです。スモークもおいしいですよ。

とうがらしやガーリックもあるのですが、イヤな予感しかしないので食べていません。おいしかったら教えて下さい(笑)

僕の場合、チーズを食べる際には常温にもどしておきます。ベストは人肌の温度です。布団にでも放り込んでおきましょう。

そうすることで食感もちょうどよくなりますし、味がハッキリします。冷蔵庫から出したばかりのと食べ比べてみて下さい。一目瞭然です。

オススメの食べ方なのですが、「さけるチーズ」は文字通り縦にピャーっと割いて食べることができます。繊維状と言えばいいでしょうか。

そう聞いたあなたは上品ぶってチーズを手で割く事でしょう。

ちょっと待った!!!

手を使ったらせっかくの「さけるチーズ」が台無しです。ここは手を使わず口のみで食べてみて下さい。手では味わえない食べ方が出来ます。

具体的にどうするか?

まず「さけるチーズ」を持ちましょう。

続いて端っこの部分からちょびっとずつ口で割きながら食べます。それこそ糸の細さレベルです。チーズの繊維を限界まで感じ取るのです!大丈夫、あなたならきっとできます!あ、手は使わないで下さいね。

10分の1ほど食べたら、少し太く割いて食べましょう。毛糸くらいの太さですかね。

毛糸くらいの太さのを2・3本一気に割いて食べていきます。

繊細かつ大胆に攻めていきましょう。

半分ほど食べると、丸い棒状のチーズが半円になっているはずです。残り半分、あなたはもう「さけるチーズ」のとりこです。早く食べたくて仕方がありません。

残りは端からではなく真ん中から食べていきましょう。毛糸の太さを維持してください。糸の太さも織り交ぜるとよりベストです。

端っこは一番最後です。いかにうまく割いて端っこを薄く残すかが腕の見せ所です。

U←この形を目指す感じです。

最後に残った端っこは、欲望のままに食べましょう。一気に食べるもよし、ちょびちょび食べるもよし。僕は半分ずつ2回で食べきります。

この食べ方のポイントは、半分食べ終わる頃には持っている手の温度でベストな状態(人肌の温度)になっている事です。最後はおいしく食べられる、計算されつくした食べ方なのです。

手で糸くらいの細さに割くことは難しいです、口で割くから容易にできるのです。

おいしさの前には上品さなどクソくらえですね。

人前では恥ずかしいという方は、一人の時に試してみて下さい。

僕も一人の時にしかやってないので(笑)

他にもこんな食べ方があるよ!というのがあれば教えてもらえると嬉しいです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!