勉強

ボルトとナット その2

今回のお題はこちら!

「ボルトとナット その2」

ボルトについては前回説明しました。今回は相方であるナットについて説明したいと思います。

ナットってどんなの?と思っている方。

こんなんです。これでどっちがボルトでどっちがナットかわかったと思います。

それでは今回はここまでです!

 

・・・さすがに手抜きすぎですね。もう少し詳しく見ていきましょう。

ナットにも緩み防止のためにワッシャーと呼ばれるものが使われます。平べったいドーナツ状のヤツですね。

当然ナットにもサイズがあります。上記の商品を例に見てみましょう。

「M6×1.0」とあります。M6はボルト側の胴体の幅になります。お互いがM6サイズだとピッタリねじ込めるのです。ボルト側がM8だとナットに入りませんし、M4だとスカスカになります。

1.0はピッチになります。ネジ山の頂点から頂点一個の長さが1.0ミリのネジが入ります、ということです。M6があっていてもピッチが合わないとうまくねじ込めないのです。

ネジを締めていて途中で入らなくなり、外してネジ山を見たら潰れていた。なんてことはないでしょうか?ピッチが合っていなかったためにうまく入らなかったのです。

では、ボルトとナットを締める際のコツを書いていきたいと思います。

ネジの幅もピッチも合っているのにうまくねじ込めない。途中で止まったり、そのままパワープレイで締め付けてネジ山を潰した・・・なんてことはないでしょうか?

僕はしょっちゅうありました。(笑)

ねじ込む際に若干ナナメっていたために、うまく噛み合わずねじ込めなかったのです。

ねじ込む際に、一度逆転させてみましょう。回しているとカチッとなるはずです。そこがちょうどいい所なので、そこからねじ込んでいきましょう。

ちなみに、ネジは時計回りで入っていき、反時計回りで外れます。日本だとほとんどがそうなので覚えておくといいかもしれません。

たまに逆ネジといって、時計回りで外れるものがありますが、ほとんど使っていないので出会ったら諦めてください(笑)

ボルトとナットの事について書いてきましたが、たくさんの種類があります。ですが、難しく考えなくても大丈夫です。基本はキチンとねじ込む事なので、お互いのサイズだけ間違えないようにしましょう。

途中でねじ込めなくなっても慌てないでください。何かがかみ合っていないので、一度外して確認すればいいのです。パワープレイは後々が面倒なのでやめたほうがいいです。

錆びたものも換えてあげましょう。強度が著しく落ちています。車のタイヤなど、走行中にボルトやナットが壊れると非常に危険ですからね。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!