雑記

肉球は犬にかぎる

今回のお題はこちら!

「肉球は犬にかぎる」

いきなりですが、犬と猫どちらの肉球が好きですか?

僕は犬の肉球が好きです。猫が嫌いという訳ではありません。動物は大好きです。

今回は、肉球について書いていきたいと思います。

犬の肉球が好きとは言いましたが、具体的にどこが好きかと言われれば、あのザラザラした感触がたまりません。

猫のしっとりとした肉球では味わえない感触です。

あの肉球でビンタされたらさぞ気持ちがいいことでしょう。もしくは、あの肉球で上から押さえつけてほしいです。

以前実家で犬を飼っていました。老衰で亡くなってしまったのですが、今でも飼っていた時のことを思い出します。

ある日、犬が横になって寝ていました。あまりにも気持ちよさそうに寝ていたので、僕も隣で寝る事にしました。グーグー寝ていると、犬が目覚めて背伸びをするように手足を伸ばしました。

その時です、僕の頬に犬の肉球がクリーンヒットしたのです。初めての感触に昇天しそうになりました。それから肉球の虜になりました。

この通り動物は好きなのですが、どうも嫌われる傾向にあるようです。僕と同じような人もいるかと思います。

まず飼っていた犬ですが、普通に噛みついてきます。最初は優しく噛んでくれるのですが、徐々に調子に乗ってきて強く噛んできます。

だんだん腹がたってきて犬にビンタをします。

犬も頭にきて牙をむき出して噛んできます。痛いです。

そこから犬とのケンカが始まります。

最終的にいつも僕が負けて謝ります。

以下ループ。

僕以外の家族には噛まないみたいです。なんで?

猫にも威嚇されることがあります。知り合いが飼っている、普段威嚇しないような猫でさえ僕が触ろうと手を伸ばすと牙むき出しでシャーシャー言ってきます。

だからなんで?(´;ω;`)

最近はシャーシャー言うこともなくなり、猫の方から近寄ってきたりします。

手を伸ばすと華麗に避けられますが・・・。

このツンデレめ。

目標は、アニメでよくある、縁側でおばあちゃんがお茶を飲んでる時に猫が膝の上で寝ているあの光景です!

いつか必ず、僕の膝の上で寝てくれるように頑張りたいですね。その時は日本茶を飲むことにしましょう。

ちなみに、犬は見知らぬ人から、上から撫でられるのを嫌うそうです。一度、お客さんの所の犬を撫でようとして噛まれそうになった事があります。

お客さんは、噛まないから大丈夫。と言ってくれてたのですが、撫でる前から牙むき出しだったので嫌な予感はしていたのですが。お客さんは爆笑してました。

カンベンしてください(´・ω・`)

下から撫でるのがいいそうです。イメージとしてはプロレスの地獄突きみたいな感じです。

ペットも家族の一員なので、ちゃんと可愛がってあげましょう。

きっと応えてくれますよ!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!