雑記

非常用に常備しているもの その6

今回のお題はこちら!

「非常用に常備しているもの その6」

前回は、「トイレ」をテーマに紹介してきました。

が、1つ忘れていました(笑)

先に紹介します。

携帯ウォシュレット

こちらは乾電池で動作するタイプです。

僕はウォシュレットがないと落ち着かないタイプなので、選びました。

見た目のわりに勢いは強いです。据え付け型でいえば、「弱」と同等かと思います。

水も180mlと、そんなには使いません。紙の節約のもなるので、僕の様にウォシュレットがないと落ち着かない!という人にはオススメです。

とはいえ、非常用としてはどうしても必要という訳ではないので、余裕があれば備えておく程度でいいのではないでしょうか。

非常用だけではなく、三点ユニットバスでウォシュレットが付けれないところや、海外へ旅行する時に携帯も出来ます。停電時にも使えますよ。

さて、今回は「その他」として残りのものを紹介していきましょう。

ウォータータンク 16L

これはぜひ常備しておきたいです。

というのも、災害時は水の確保が大切になります。

東日本大震災の時は、自衛隊の方々が水を運んできてくれました。

断水していたので、ウォータータンクやペットボトルなどを用意して、自衛隊の車両から水をもらっていたのです。

田舎の方だと山の水を使える所もあるでしょうが、都市部だとそうはいきません。おそらく、同じように自衛隊の方々が運んでくると思います。

なので、水を確保するためにウォータータンクは必須だと思います。

欲張って大きいタンクを買っても、持ち運びが大変なので16Lくらいがいいかと思います。

嫌な顔をせず、いろいろ対応してくださった自衛隊の方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

日用品・水・食料

現在、僕が備蓄しているものは、トイレットペーパー・ティッシュボックス・水・レトルト食品になります。

災害が発生すると、あらゆるものが品薄になるので、急になくなって困るものを備蓄しています。

消費期限が近くなれば、使い切って新しいものと交換するといったように、うまくサイクルさせていけばいいかと思います。

今回紹介したものはこちらになります。

僕が備蓄しているものは以上となります。使う日がこなければいいですね!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!