勉強

貸借対照表とは その9

今回のお題はこちら!

「貸借対照表とは その9」

前回は、「投資その他の投資」について触れてみました。

今回は、「繰延資産(くりのべしさん)」について見ていきましょう。

繰延資産

本来は費用として計上するものですが、費用によっては長期にわたって発生するものがあります。

これを、期間に分けて分配するため、資産に計上します。

「減価償却」に似ていますね。減価償却についてはこちらをご覧ください。

具体的には、

創立費・・・会社を設立する際にかかった費用です。

定款(ていかん)を作成したり、登記するのにかかった費用ですね。

ちなみに、定款とは、会社の組織内容や活動内容、規則などを紙や電子媒体に記録したものです。

開業費・・・会社を設立して実際に事業を始めるまでにかかった費用です。

広告の製作費や広告宣伝費などがあります。

開発費・・・新しい技術や市場を開拓するのにかかった費用です。

市場調査費やセミナーの受講費、コンサルタントの委託費があります。

株式交付費・・・新株発行などでかかった費用です。

株式募集のための広告費や、証券会社などの取扱手数料があります。

社債発行費・・・社債を発行する際にかかった費用です。

例として、会社を設立するのに5億の費用が生じたとします。

これを、繰延資産として計上します。

創立費は均等に償却する場合、5年となっているので、5億を5回に分けて償却していくわけです。

5(億)÷5(年)=1(億/年)となり、

1年に1億ずつ、償却することになりますね。

繰延資産はあまり使われることのない項目なので、「こんなものか~」程度でいいかと思います。

以上が繰延資産となります。

これで、資産の部については一通り触れました。

資産は、将来会社にお金の増加をもたらすものです。

財産の一覧と勘違いしないように注意したいものですね。

例えば、資産の部に「建物」が10億円計上されていたとしても、10億円分の建物があるわけではありません。

まだ減価償却されてない金額が10億円だということです。将来、10億円以上の収益を見込んでいるということでしたね。

また、財政状況を表しているものでもあります。

調達した現金がどのような状態にあるのか示しています。

例えば、会社が事業拡大をするために、大規模な投資をしたとします。・・・販売用の建物に投資したとしましょう。

すると、現金が減り、代わりに棚卸資産が増えます。

このことから、会社は不動産に力を入れているんだな・・・。ということが解かりますね。

現実はこんな単純なものではありませんが、情報を得るための手段にはなるので、何度も繰り返し読んで、読み取れる力を身につけたいものです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※「貸借対照表とは」のリンクです。

その1 その2 その3 その4
その5 その6 その7 その8
その9 その10 その11 その12
その13 その14 その15 その16