勉強

貸借対照表とは その10

今回のお題はこちら!

「貸借対照表とは その10」

前回で、「資産の部」について一通り触れることが出来ました。

この調子で「負債の部」に突入!・・・と行きたいところですが、今回は、補足説明として、流動固定に分類される際の基準について見ていきたいと思います。

資産の部には、流動資産固定資産があります。同様に、負債の部にも流動負債固定負債があります。

以前、「一年基準(ワンイヤールール)」について説明しました。

おさらいしてみましょう。

一年基準とは・・・決算日から一年以内に決済される資産・負債のことです。

ちなみに、決済とは、お金などの支払いによって売買を終了することをいいます。

例えば、コンビニで「おにぎり」を買う際、レジでお金を支払います。店員さんがお金を受け取ります。これで決済が完了したことになります。

話を戻しましょう、この、一年基準を満たすものが流動性のものとして計上されます。

現金などがそうですね。

しかし、棚卸資産を見てみると、流動資産なのに1年以上在庫されているものも計上されます。

売掛金も、場合によっては支払いまで1年以上かかるものもあります。

どうして流動性として分類されるのでしょうか?

それは、「正常営業循環基準」というものに当てはまるからです。

舌を噛みそうな名前ですが、どういったものなのか見ていきましょう。

正常営業循環基準とは・・・正常な営業取引のなかで発生するものは、現金化するまでに1年以上の期間があっても、流動資産・流動負債として区分するルールです。

正常な営業取引とは、

●まず、何をするにも現金が必要です。(現金)

●収益を上げるために、商品を売ります。となると、原材料であったり商品そのものを仕入れる必要があります。(商品・原材料・買掛金・支払手形など)

●仕入れた原材料をもとに商品を作ります。また、作った商品や仕入れた商品を在庫として保管します。(棚卸資産)

●お客さんから注文が入り、売り上げがあがります。その場で現金で支払ってくれればそれで終わりなのですが、それだけとは限りません。

掛け売りや、手形の場合は現金を回収しなければなりません。(売掛金・受取手形)

と、このような一連の取引のことです。

この正常営業循環基準が最優先の基準となり、次いで一年基準が適用されます。

なので、現金化までに1年を超える棚卸資産や売掛金であっても、流動資産として計上されるわけです。

借入金や貸付金などは、正常な営業取引の中にはあてはまらないのですが、一年基準を満たすものであれば、流動性となります。短期借入金などですね。

1年を超えるものは、長期借入金として計上されます。

今回は、流動と固定を分類する際の基準を取り上げました。資産・負債はこの基準のもとに分類されているわけです。

取引に使われるものなので、まさに「動くもの・動きのあるもの」と考えると覚えやすいかもしれませんね。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※「貸借対照表とは」のリンクです。

その1 その2 その3 その4
その5 その6 その7 その8
その9 その10 その11 その12
その13 その14 その15 その16