勉強

貸借対照表とは その11

今回のお題はこちら!

「貸借対照表とは その11」

前回は、「正常営業循環基準」にいついて書きました。

今回から、負債の部について触れていきましょう。

負債とは

会社が負っている経済的負担を、金額として合理的に評価できるものです。

借金のような法的な債務であったり、引当金のように法的ではないけれど、金額として合理的に評価できるものも含まれます。

負債の部に関しても、正常営業循環基準、一年基準が適用されます。

一度、貸借対照表を見てみましょう。

資産の部は左側に記載するのに対し、負債・純資産は右側に記載されます。

右側には、どこからお金を調達してきたのかが示されています。

例えば、借入金によって資金を調達したのであれば、負債の部に借入金を計上します。

株主からの出資であれば純資産の部に計上されます。

この調達したお金が、左側の資産の部に計上されるわけです。

そしてもう一つ、右側は、会社のお金は誰に帰属するのかも示しています。

先程の例でいえば、借入金は、借りたところへ返します。その残りが、株主へ・・・といった具合です。

負債の部は単純に、借金一覧表ではないということがわかりますね。

では、負債の部には、具体的にどのような項目があるのか見ていきましょう。

流動負債

買掛金及び支払手形・・・掛け取引によって生じた債務のことです。

手形が発行されているものは支払手形、手形のないものは買掛金として計上されます。

債務・債権についてはこちらを参考にして下さい。

短期借入金・・・金融機関から借りたもの、または特定の人から借りたものは、借入金として計上します。

貸借対照表日の翌日から一年以内に支払期限がくるものが、短期借入金となります。

少し紛らわしいのですが、銀行からの借り入れの様に毎月分割して返済する場合、5年の長期期間であっても、一年以内に返済期限がくるものは短期借入金、残りは長期借入金として分けて計上します。

貸借対照表日とは・・・貸借対照表を作成する基準日で、決算日になります。

ただし、会計年度の途中で作成する場合は、貸借対照表日は決算日とはならないので注意が必要です。

前受収益・・・契約に従いサービスの提供を行う場合に、前もってまとまった支払いを受けます。その際、来期の収益が含まれていたら、その分を負債として計上します。

前受地代家賃・前受利息・前受手数料などがそれにあたります。

例えば、会社の決算が3月末日だとします。

1月~6月分の家賃をまとめて受け取りました。

そうなると、1月~3月分までは今期の収益となり、4月~6月分は来期の収益となります。

この、4月~6月分の収益を前受収益として負債として計上します。

負債となった4月~6月分の収益は、来期に資産として振り替えられることになります。

負債の部から資産の部へと移動させるわけですね。

今回はここまでとして、続きは次回にしましょう。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※「貸借対照表とは」のリンクです。

その1 その2 その3 その4
その5 その6 その7 その8
その9 その10 その11 その12
その13 その14 その15 その16