ゲーム

RPGで苦戦したボス その6

今回のお題はこちら!

「RPGで苦戦したボス その6」

今回紹介するのは、あまりにも有名な強敵です。

実は、まともに戦って倒したことのないボスの一体でもあります。

どんなボスなのでしょう・・・それでは、いってみましょう!

七英雄

スーパーファミコンで発売された「ロマンシングサガ2」のラスボスです。

あまりにも有名なので、ご存知の方も大勢いるかと思います。

RPGといえば、「レベル上げ」が醍醐味の一つでもあります。レベルが上がると強くなる。

明確に実感できるので、やりがいがあります。

僕自身、レベル上げは大好きです!

そんなレベルの概念をぶち壊してくれたシリーズでもあります。戦い方によって「腕力・魔力・体力」などの個別のパラメーターがあがっていく方式ですね。

しかも、敵の強さは戦闘回数によって変わるため、序盤でも戦闘しまくれば中盤クラスの敵が現れたりもします。

一般のPRGだと思ってプレイして、挫折した人も多かったのではないでしょか?

ちなみに、中古で買ったロマサガ2には、ラスボス直前のセーブデータが高確率で入っていた記憶があります。

ためしにプレイしてみて、まったく勝てない上に、引き返すことも出来なくて詰んだということもありました。

もともとが高い難易度のゲームなのですが、七英雄はそれに輪をかけた強さです。

対策をきちんと練らない脳筋プレイの僕の場合は、技ばかりに気合が入りすぎて術や見切りを疎かにしていました。しかもパーティー全員男という仕様です。

その結果、テンプテーションの餌食となり開幕同士討ちであえなく全滅です(笑)

当然、ラスボス前でセーブをしてしまったので完全なる「詰み」です。

将棋の世界でも、これほどまでに潔い詰みっぷりはないと自負しています。

泣く泣く最初からプレイした少年時代でした・・・。

うまい具合に進めても、「触手」「サイコバインド」「ふみつけ」などの強力な攻撃で次々仲間がやられてしまいます。

運が悪いと、「ソウルスティール」をくらって永久離脱なんてこともあります。

七英雄が全部そろった後にくる「アストラルゲート」で、仲間が混乱に陥り同士討ち、さらには「メイルシュトローム」2連発で全滅したりと、どうあがいても太刀打ちできません。

しまいには、毎ターン999回復を見た瞬間に心が折れました(笑)

それから数年後、またプレイをする機会があったのですが、今度は情報があったため「クイックタイム」という、ずっとオレのターンになる禁断の技を使い倒すことが出来ました。

卑怯だのなんだろうと罵られてもかまいません。勝てばいいのです!(笑)

ロマサガ2はリマスター版やアプリでも楽しめることが出来ます。

七英雄の強さに絶望してみてはいかがでしょうか?(笑)

僕も、もう一度プレイして今度こそ、まともに戦って勝利してみたいと思います!

ラスボス前のセーブだけにはくれぐれも注意を!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※RPGで苦戦したボスのリンクです!

 
その1 その2 その3 その4
その5 その6 その7 その8
その9 その10 その11 その12
その13 その14 その15 その16
その17