雑記

ラーメンはどれが好き? その3

今回のお題はこちら!

「ラーメンはどれが好き? その3」

前回の冒頭、水戸黄門が日本で初めてラーメンを食べた人だったりなかったり・・・

という話をしました。どうして曖昧な言い方なの?と思うでしょう。

実は、室町時代にラーメンが存在していたという説もあるのです。

「経帯麺」と呼ばれるもので、僧侶が振舞っていたとされています。

現状では、これが日本最古のラーメンみたいですね。

ちなみに、「経帯麺」は平べったい太めの麺で、近いものだとパスタのフィットチーネのような麺です。

スープはお湯のような無色透明で、しいたけの切れっ端がちょこんと乗っている質素なラーメンです。

今のラーメンと比べると物足りない感じがしますね(笑)

では、ラーメンの種類の続きを見てきましょう。

タンメン

炒めた野菜がのっているスープが塩ベースのラーメンです。

塩ラーメンと混同してしまいがちですが、それぞれ違ったラーメンです。

中華料理屋さんでよく見かけるラーメンでもあります。

正直な話、僕には塩ラーメンとタンメンの違いが判りません(笑)

サッポロ一番に野菜をのせたらタンメンと思ってしまうクチです。

ですが、おいしいのには変わりありません。

僕の好みは、ちょっとスープを吸ったクタクタな野菜が好きです。歯ごたえがない方がいいですね。同じ好みの人はいませんか?

ちなみに、タンメンは主に関東圏で食べられていて、関西ではあまり知名度がないそうです。タンメンの存在すら知らない人もいるみたいなので、地域の違いって面白いですね。

豚骨ラーメン

その名の通り、豚の骨を長時間煮込んでとったスープが特徴的ですね。

煮込み方や使う部位によって味が変わる難しいスープでもあります。

発祥については諸説ありますが、どれも屋台から始まったものだとされています。

福岡にはまだまだ屋台があるそうです。一度は行ってみたいものですね。

豚骨ラーメンといえば替え玉です。茹であがりが早い細麺なので麺だけ提供できるわけです。

他にも、「バリカタ」や「カタ」、「ハリガネ」といった麺の固さのバリエーションも豊富です。

さらに固いものだと、ほんの数秒だけ茹でた「粉落とし」、湯気にあてるだけ(!?)の「湯気通し」、そして「生麺」というのもあるそうです。

完全にお腹壊しそうですね(笑)

スープもとどまる所を知りません。ドロっとしたスープが特徴の「ドロ系ラーメン」なるものも存在します。

レンゲをスープに刺すと立ってしまう程です。

スープも「飲む」ではなく「食べる」時代になったのですね(笑)

僕のオススメトッピングは「豆板醤」です。

辛いだけでなくコクもでるのでおいしくなりますよ!ぜひ試してみて下さい。

今回は、タンメンと豚骨ラーメンを取り上げました。

生麺を食べる際は、お腹を壊す覚悟を決めて食べるようにしましょう!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※ラーメンはどれが好き?はこちらからどうぞ!

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

※東北限定のカップ麺を紹介した記事もあるのでこちらからどうぞ!

※チャーシューについて書いた記事があるのでこちらからどうぞ!

※懐かしのインスタントラーメンについての記事はこちらからどうぞ!