雑記

ラーメンはどれが好き? その4

今回のお題はこちら!

「ラーメンはどれが好き? その4」

ラーメンの起源は?と言われれば「中国」を思い浮かべるでしょう。

中華料理の一つとしてとして有名ですね。

ところが、ラーメンは中国が起源ではなく日本で普及したものなのです。

というのも、中国ではラーメンのことを「拉面(拉麺)」と呼びます。

同じじゃないの?と思うでしょうが、ちゃんと違いもあります。

拉麺の麺には「かんすい」を使いません。ラーメンの麺には「かんすい」が使われます。

これによって、ラーメンの麺にはコシがうまれます。

拉麺の麺にはあまりコシがないそうです。

中国では、僕たちが食べている「うどん」のような立ち位置で食しています。

スープも、ラーメンと比べるとあっさりしているのはこのためなんですね。

ちなみに、中国ではラーメンのことを「日式拉面」と呼ばれています。

拉麺とラーメンは別物なんですね。

さて、今回もラーメンの種類を見ていきましょう!

つけ麵

つけ麵の発祥はラーメン好きならご存知、「大勝軒」の山岸一雄さんだとされています。

賄い食としてスープと醤油を湯飲み茶碗にいれて、残ってしまった麺を浸して食べたのが始まりです。

それを見たお客さんが興味を持ち試食したところ、好評を得たとこから商品化が始まったそうです。

その時点では、「特製もりそば」として販売していたのでつけ麵とは呼ばれていませんでした。

初めてつけ麵として売りだしたのは「元祖つけめん大王」というお店だそうです。

現在では、多くのつけ麵専門店があります。

僕が今、一番ハマっているラーメンがつけ麵です。

つけダレの種類は沢山ありますが、やはり魚介豚骨は外せないでしょう。

麺は極太で、つけダレに魚粉をかけるのも特徴的です。

他にも、豚骨・醤油・味噌・塩・鶏をベースとしたつけダレもあります。

変わり種だとトマト・エビ・カレーなどもあります。

つけ麵はおいしいのですが、特徴的すぎるため、初めて食べる時に面をくらうこともあります。

その最たるものが「冷たい麺」ではないでしょうか。

ラーメンだから温かい麺で出てくると思い込み、いざ食べたら麺が冷たい・・・。

しかも、つけダレに入れすぎるとすぐに冷めてしまっておいしくない。

そんな経験はないでしょうか。

実は、僕はそうでした。そのため、最初はつけ麵に苦手意識を持っていました。

たしかに冷水で締めるとコシがあっていいのですが、中には温かい方が好みの人もいるでしょう。

そんな時は、「熱盛(あつもり)で!」と頼みましょう。

そうすると、温かい麺で出てきます。つけダレが冷めることもなくなります。

ちなみに、僕は家で作る時は「熱盛」です。やはり温かい方がおいしいですね!

冷たい麺も、コシがうまれるのと麺の味が引き立ちます。麺だけでもおいしいくらいなので、麺が好き!という人は冷たい麺で頼むのもいいかもしれません。

最後はスープ割りで締めるのもいいでしょう。

スープ割りとは、つけダレにスープ割り用の出汁を足して飲みやすくすることです。

つけダレ自体は味が濃いため、出汁で割って飲みます。

謎のポットがあれば、それが出汁なのでスープ割りを楽しみましょう。

今回は、つけ麵について書きました。

初めてなんだけど食べてみたい!という人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

知らずに食べて失敗したら悲しいですからね(笑)

オススメは、濃厚魚介豚骨です!熱盛で!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※ラーメンはどれが好き?はこちらからどうぞ!

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

※東北限定のカップ麺を紹介した記事もあるのでこちらからどうぞ!

※チャーシューについて書いた記事があるのでこちらからどうぞ!

※懐かしのインスタントラーメンについての記事はこちらからどうぞ!