雑記

ラーメンはどれが好き? その5

今回のお題はこちら!

「ラーメンはどれが好き? その5」

ラーメンのトッピングといえばチャーシュー、メンマ、味玉などなど多種多様です。

その中で、比較的作るのが楽な「味玉」の作り方を紹介したいと思います!

僕がいつも作っているものなので、材料も簡単に手に入り、味も本格的です。

用意するものは、卵(8個まで)とラーメンスープの素だけです。

ラーメンスープの素は、スーパーの生麺などが置いてあるコーナーに置いてあります。

1個100円程度で売っていますよ!

今回は1個用意しましょう。

ラーメンスープの味ですが、僕は豚骨醤油にしています。卵とマッチして美味しいので個人的にオススメです!

無難に行くなら、トッピングするラーメンと同じ味のスープの素がいいかと思います。

味噌ラーメンなら味噌味、塩ラーメンなら塩味といった具合です。

作り方ですが、鍋に水を入れて沸騰させましょう。水の量は卵がちゃんとお湯に浸かるくらい入れましょう。

沸騰したら、卵を投入します。

時間は7分で柔らかめの半熟になります。僕はいつもは7分ですね。

もう少し固めが良ければ、20秒ほど長めに茹でましょう。

ストップウォッチを使って正確に測るようにしてください。

時間が来たら、お湯を捨てて冷水で冷ましながら殻をむきます。

ボールに水を溜めて、その中で剥くと、簡単にとれます。

あとはラーメンスープの素に漬けるだけです。

ジップロックコンテナのようなもの(なければ丼でも大丈夫です)に、ラーメンスープの素を入れ、ぬるま湯をコップ半分くらいの量を入れて薄めます。

ちょっとしょっぱいかな?くらいがちょうどいいです。

ぬるま湯は、ラーメンスープの素の脂がすぐ固まらないようにするためです。

後は容器に卵をいれ、キッチンペーパーをかぶせて冷蔵庫に保管しましょう。

キッチンペーパーは、漬かっていないところをなくすためにかけます。

1日漬けておけば完成です!

3日ほど漬けておくと、さらにおいしくなります!

と、味玉について熱く語りましたが、ラーメンの話ぜんぜんしてないですね(笑)

では、今回もラーメンの種類を見ていきましょう。

油そば

意外と歴史は古いです。

昭和30年前後の東京都武蔵野地区が発祥とされているそうです。

油そばはスープのないラーメンで、醤油ダレが丼の底に入っていて、かき混ぜて食べます。

お好みで、酢やラー油を入れて食べるのが特徴的です。

「まぜそば」や「汁なしラーメン」と言ったりもします。

スタンダードなラーメンタイプや、ベビースターラーメンや卵黄、エビマヨなどが入ったジャンキーなものまであります。

ジャンキー系は、僕は食べたことないですが・・・(笑)

酢やラー油を入れるのと手抜き感があったので、始めは食べるのに抵抗があったのですが、近所に油そば専門店が出来たことをきっかけに食べてみたところ、あまりの美味さに衝撃をうけました。

まだ食べたことない人、ハッキリ言ってオススメです!

ネギをどっさり乗せると尚うまいです。

油そばというくらいだからくどいのかな?と思うかもしれませんが、酢のおかげでサッパリしてくどくはないです。

酢の嫌な酸味も感じないので、食べやすいラーメンでもあります。

酢やラー油を何週かけるか、自分のこだわりを見つけるのも面白いと思いますよ!

今回は、油そばをピックアップしてみました。

まだ食べたことがない人、敬遠している人、ぜひ一度食べてみることをオススメします!

食べる際は、しっかり混ぜる事を忘れずに。

ここまでご覧いただき、ありがとございました!

 

※ラーメンはどれが好き?はこちらからどうぞ!

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

※東北限定のカップ麺を紹介した記事もあるのでこちらからどうぞ!

※チャーシューについて書いた記事があるのでこちらからどうぞ!

※懐かしのインスタントラーメンについての記事はこちらからどうぞ!