勉強

損益計算書とは その3

今回のお題はこちら!

「損益計算書とは その3」

前回は、売上総利益について説明しました。

現在の損益計算書はここまで出来上がっています。

それでは、続きを見ていきましょう。

営業利益

営業利益は、売上総利益から販売費及び一般管理費を控除(引いた)したものです。

●販売費及び一般管理費・・・会社が営業活動をする際、従業員の給料であったり、電気代などの支出があります。

これらを計上したものが、販売費及び一般管理費となります。

具体的に、販売費は広告宣伝費などがあり、一般管理費は光熱費や、店舗があれば家賃も含まれます。

売り上げだけでなく、会社が本来の営業活動で得た利益が営業利益となるわけです。

経常利益

経常利益は、営業利益から営業外収益を足して、営業外費用を控除したものです。

簡単に式にしてみましょう。

経常利益=営業利益+営業外収益ー営業外費用

となります。

●営業外収益・・・会社が本来の営業以外の、財務活動によって得た収益です。

貸付金の利息などの「受取利息」や、社債の利息などの「有価証券利息」があります。

この他、例えば本来の営業活動以外で、ビルの賃貸業をしていたとしましょう。

この、ビルの賃貸業で得た収益も営業外収益となります。

絶好調すぎて、主要な業務にまでなってしまったら、売上高として計上します。

●営業外費用・・・本来の営業活動以外の、財務活動によって発生した費用です。

借りたお金の支払い利息であったり、有価証券の値下がり損などが計上されます。

営業活動以外で、経常的(一定の頻度で発生すること)に発生する損益が経常利益となります。

固定資産の売却損益などの臨時的なものは、計上しません。

だんだんと出来上がってきましたね。

あと少しで完成です!

今回はここまでとして、続きは次回にしましょう。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※「損益計算書とは」のリンクです!

その1 その2 その3 その4

※貸借対象表に関してはこちらからどうぞ!