雑記

カップラーメンのウラワザ!?

今回のお題はこちら!

「カップラーメンのウラワザ!?」

お店の本格的なラーメンもいいのですが、たまにはインスタントのラーメンも食べたくなります。

最近のカップ麺はお店の味に近かったり、生麺のような食感が楽しめたりと、バリエーションが豊富です。

そんなカップ麺ですが、ある裏技を使えば生麺のようなコシのある食感が楽しめます。

今回は、その方法を紹介しましょう!

用意するもの

カップ麺・お湯・サランラップ・丼・電子レンジだけです。

1・カップ麺のかやくを丼に移します。

※スープの素はまだ入れないで、容器も捨てないで下さい。

2・沸騰したお湯を、丼のなかに入れます。

※容器を使えばお湯の計量が楽です。

3・丼に、サランラップを軽くかけます

※密封すると破裂する可能性があるので、軽くかけましょう。

4・電子レンジへin!

レンジにかける時間

600Wで、時間は記載されてる時間の60%です。

5分(300秒)なら3分(180秒)

3分(180秒)なら1分50秒(108秒

温め終わったら、スープの素を入れて完成です!

これで、コシのある麺が楽しめますよ!

1・先にスープの素を入れてしまうと、麺がスープを吸ってしまい味が変わってしまいます。

2・カップヌードルタイプの麺や、焼きそばには向いていないので止めておきましょう。

ちなみに、カップ麺の容器でレンチンしても構わないのですが、変形はしてしまいます。

僕は、変形してこぼれたことはないのですが、念のため丼に移しましょう。

こんなんなります☟

それと、容器自体がレンジを想定していないので、有害物が溶け出す可能性もあります。

カップラーメンを食べるのに命をかけたくないですからねw

丼がないという人でも、こういったものもあります☟

こちらは、ラーメン用のレンジ調理器具です。

水からでもお湯からでも調理が可能なのが特徴です。

野菜も一緒に調理できるということで購入しました。

赤いのは落とし蓋で、野菜を麺の上に乗せたら、落し蓋をします。

落とし蓋には調理の説明が書いてあるので、いつでも確認することができますよ。

今回は、カップラーメンのウラワザとして、レンジ調理でコシのある麺になる!

ということを取り上げました。

一度は試してみる価値はあります!

そういえば、記事を書いていて昔の「ラ王」を思い出しました。

生麺をつかった「ラ王」は最高だったのですが、なぜなくなってしまったのでしょう・・・

生麺に近いといっても、やはり生麺にはかないません。

カップ麺で生麺を使っているのは、日清から発売されている「ごんぶと」と、寿がきやから発売されている「カップだし名人シリーズ」くらいでしょうか?

また「ラ王」のような商品が発売されるのを期待しましょう。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※東北限定のカップ麺を紹介した記事もあるのでこちらからどうぞ!

※ラーメンについて書いた記事があるのでこちらからどうぞ!

※懐かしのインスタントラーメンについての記事はこちらからどうぞ!