雑記

懐かしのインスタントラーメン その3

今回あのお題はこちら!

「懐かしのインスタントラーメン その3」

今回取り上げるのは、誰もが一度は食べたことがあるでしょう。

袋麺では元祖チキンラーメンを抑えて、日本一売れているあの商品です!

サッポロ一番

サッポロ一番が発売されたのは1966年。

「しょうゆ味」が最初です。

札幌で食べたラーメンに感銘をうけ、味を再現したのです。

この時は、「サッポロ一番」がメインブランドとして愛されることになるとは思いもしなかったと思います。

ちなみに、初期のパッケージには「しょうゆ味」は記載されてないです。

1968年には第二弾として、サッポロ一番「みそラーメン」が発売されます。

瞬く間に人気となり、現在でもインスタントの味噌ラーメンといえば「サッポロ一番」、と認識されるほどの人気です。

さて、ここで「みそラーメン編」の問題です!

パッケージにはラーメンのイラストがあります。

現在のパッケージと比べると、初期のパッケージではラーメンに乗っている具材が一つ足りません。それはなんでしょう?

正解はCMのあと!

正解はチャーシューです!

動画のパッケージと比べてみてください。

1971年になり、またしても伝説が生まれました。

サッポロ一番「塩ラーメン」の発売です。

塩ラーメンといえば、やはり「ゴマ」が特徴ですよね!

ラーメン屋さんに行って塩ラーメンを頼んでも、ゴマが入っているところは見たことがないです。

しかし、このラーメンにはゴマが見事にマッチしています。

相当な試行錯誤のすえに、このラーメンが出来あがったのでしょうね。

またしてもここで問題です!今回は「塩ラーメン編」です。

パッケージにはラーメンのイラストがあります。

初期のパッケージと比べると、現在のパッケージで増えた具があります。

そして、無くなった具もあります!

初期と比べて増えた具、減った具、それぞれなんでしょう?

正解はCMのあとで!

正解は、増えたもの→チャーシュー(1枚→2枚)・エビ(1本→2本)

減ったもの→にんじん

これも、動画のパッケージと比べてみてください。

これがわかった人はサンヨー食品に就職したほうがいいですw

塩ラーメンが発売される前に、サンヨー食品では「長崎タンメン」というインスタントラーメンが発売されています。

1964年なので、サッポロ一番が発売される前になります。

塩味だったので、すでに塩ラーメンの基礎は出来上がっていたのかもしれませんね。

今回は、サッポロ一番を紹介しました!

僕の中では、これを超える袋麺にはまだ出会っていないです。

塩ラーメンでいったら、サッポロ一番を超えるものにであっていません。

今も昔も変わらない味をずっと続けてほしいですね!

オススメの食べ方として、麺を茹でずにそのままゴリゴリ食べても美味しいですよ!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

※懐かしのインスタントラーメンシリーズのリンクです!

その1 その2 その3

※東北限定のカップ麺を紹介した記事もあるのでこちらからどうぞ!

※ラーメンについて書いた記事があるのでこちらからどうぞ!

※カップラーメンのウラワザはこちらからどうぞ!